miniについて

ここ数年日本では軽自動車が流行っていて、低燃費で低コストが重視されているような気がします。

さらに、今では軽自動車の中にもスポーツタイプやクラシックタイプなどが出てきました。
軽自動車自体が以前のように女性が乗る車というよりは、若者から大人まで幅広い客層に人気があります。

しかし、クラシックタイプの軽自動車を見ていると、なんとなくどこかで目にしたような形のものが多いです。

というのもイギリスが主流のminiは古くから人気があり、1960年から2000年まで40年に渡って生産されてきました。

2001年からはドイツのBMWが生産しています。

日本での売れ行きもよく、ドラマやアニメなどでも主人公が乗り回して、大きな印象を与えました。

そんな背景もあってか、日本人に親しみやすい軽自動車のクラシックデザインというと、どこか似通ってしまうのかもしれません。

しかし、本家のminiはイギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーションからドイツの自動車会社BMWに生産者が変わってからも何度もデザインの変更を遂げてきました。

そのような理由もあって、現在日本の中古車市場では様々なminiの中古車を目にします。

また、何年経ってもminiの魅力は衰えることなく、外国メーカーの割には、多くの日本人に愛され続けている車です。

イギリス制なので、外車でも右ハンドル。
しかも、大きさもやたらと大きくはないので、狭い日本の道路にもぴったりの車です。
miniを買うならミニ中古車専門店のiR(イール)で安心